EDC JAPAN

EDC JAPAN 2019開催決定!日程・チケット情報・出演アーティストは?

EDC JAPAN 2019の開催が発表されました!

3年目となる2019年は、ヒップホップやベースミュージック、テクノ、ハウスなどジャンルに特化したステージが用意され、全方位型の音楽フェスになるそうです。

EDC JAPAN 2019 日程・会場・チケット情報

開催日程、会場

【日時】

2019年5月11日(土)、12日(日) 開場/開演 12時

【会場】

ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場

2018年度同様、ゴールデンウィーク明けの週末2日間開催となります。会場もこれまで通りの幕張。

チケット発売スケジュール

最速のチケット発売となるTier1(2日券)は、12月1日12時より発売開始。

Tier1は2日通し券のみの発売となります。

Tier1(2日通し券のみ)

・一般チケット(GA) 18,000円

・VIPチケット 49,000円

一番お得な価格帯なので、迷わず参戦を決めている方はこの機会に買えるといいですね!

チケット発売(イープラス)

2019は2018よりチケット代が安い

すてにEDC JAPAN 2019のチケット価格は発表されていますが、前売り最終と思われるTier4の価格は24,000円となっています。

EDC JAPAN 2018の同チケット価格は29,000円でしたので、5,000円も安くなることに。

チケット代が安くなることはうれしいですが、アーティストラインナップのスケールダウンにつながらないことを願うばかりです。

ジャンルを特化したステージに

EDC JAPAN 2019では、2ステージがジャンルに特化した内容になるとのこと。

ベースミュージックのcircuitGROUNDS

アメリカのコンサートブランドHARDが参画して、ベースミュージックをメインとするダンスミュージック・ヒップホップに特化したステージになるそうです。

砂浜にあるステージですね。

ハウス・テクノのneonGARDEN

FACTORY 93によるディープハウステクノに特化したステージになるそうです。

ステージのサイズ的にも、いい感じになりそう。

kineticFIELD

メインステージとなるkineticFIELD(ZOZOマリンスタジアム)は、これまで同様のいわゆるEDMシーンでメジャーなラインナップになると予測されます。

気になる出演者は?

気になるアーティストラインナップは現時点では発表されていません。

ちなみに2018年度開催では、2月16日にアーティストが発表となりましたので、もう少し先になりそうです。

楽しみに待ちましょう!

公式HP EDC Japan 2019