Camera

デジタル一眼カメラのレンズをレンタルで安く利用する方法

以前、フルサイズのデジタル一眼カメラ(sony a7II)をお得に購入しました!という記事を書かせてもらいました。

購入してから数カ月が経ちましたが、次の悩みの種となるのは交換レンズです。レンズ沼の悩みは永遠につきない気もしますが笑

カメラを趣味にしている方はご存知かと思いますがレンズも高いんです!

高いレンズを買う前に実際の撮影で試したい

特に私はSony Eマウントの一眼カメラを購入したこともあり、レンズの種類は多くないですし、とにかく一律に高い・笑。1本10万円を超えるレンズがあたりまえに存在します。

せっかく買ったカメラですから、よりいいレンズで撮影に挑みたいものの、そんなにコストをかけられない方も多いのではないでしょうか。

いい写真が撮りたいなぁ。。。

 

高級レンズはレンタルを利用しよう

そこで交換レンズがレンタルできるお店をいくつか発見!

10万円を超える高級レンズが2000円~という価格で利用できだたりとかなりお得!単純に1/50の価格ですから、利用しない手は無いですよね。

数年前までは、カメラのキタムラもレンタルサービスをやっていたそうですね(現在は廃止)。

カメラ本体を含め幅広いラインナップのお店をセレクト

今回は実際に利用したことのあるお店をメインに、交換レンズの取り扱いが幅広いお店をピックアップしました。

ちなみにカメラ本体も一緒にレンタル可能ですので、一眼カメラを買う前に実機を試してみたい!という方にもピッタリです。

もちろん各メーカーのレンズがレンタルできますので、Canon、Nikon、ペンタックスなど他メーカーユーザーの方も参考にしてみてください!

交換レンズレンタルのメリット・デメリット

初心者にこそ利用してほしいレンタル

私はポートレートをメインに月に1,2回撮影するくらいなので、日常的にカメラを持ち歩いているようなタイプではありません。

そもそもそんなにお金が無いので苦笑、10万円するような交換レンズをバンバン買う訳にもいかず。。。

毎日(毎週末)のように、カメラを使う方であれば毎回レンタルという訳にはいかないでしょうが、「ちょっとこのレンズ使ってみたいな」という時でもレンタルして試してみるのにちょうどいいです。

とりあえずレンタルで色んなレンズを試しながら、いずれちゃんと購入するレンズを探している状況です。

メリット:いろんなレンズが安価で試せる

2年使うなら買うよりレンタルの方が安い

私の場合は、SONY Eマウントの「SEL50F14Z(Planar T* FE50mmF1.4ZA)」がいま一番利用するレンズなんですが、これを新品で買うと最安値でも15.5万円くらいするんです。

これがレンタルを利用すれば、4,000円(レンタル料金3,240円+返却時の送料600円くらい)で利用できます。

単純計算で39回以上レンタルするまでは購入するより安い。利用頻度も月1,2回なので、結果2年くらいはレンズを購入するより安く済むんですね。

子供行事などたまにしかカメラを使わない方にもオススメ

さらに、撮影の場所(野外、スタジオ)やスタイル(個撮、団体撮影)などによって、場面場面に適したレンズを手軽に試せる、というのも自分にとっては大きなポイントです。

結婚式をよりきれいに写真に残したい!お子さんの運動会など行事ごとに望遠レンズが必要!というような、たまに一眼カメラを利用する方にとってはレンタルをうまく使うと相当コスパがいいですよ。

デメリット:借りたら返さないといけない

当たり前のことですが、レンタルするたびに借りる、返すを行わないといけません。

いまやネット通販はもちろん、TSUTAYAに行ってのレンタルから、NetflixやHulu、Apple musicやSpotifyなどのサブスクリプションサービスへ移行している時代ですから。

ただ、レンタル&返却ともに配送OKなお店を利用すれば、実際に足を運ぶ必要はありません。返却発送の際、コンビニや郵便局まで持っていく手間を惜しまなければ、それほど気にはならないかと。

10万円超の交換レンズを手軽に利用できるコストパフォーマンスを考えれば我慢できる範囲です。

交換レンズレンタルの方法

1.専門店でレンタル

ここでは東京に本拠地があるレンタル専門店を3店舗紹介します。このうち2店舗は、レンタル&返却ともに配送対応してくれるので全国の方が利用可能です!

ビデオエイペックスは総合的に一番オススメ

東京、大阪、名古屋と全国に店舗を持つのが ビデオエイペックス です。

全国の方が利用でき、入会金などが不要なので幅広い意味で一番オススメ!

【メリット】

すべてネットで完結。レンタル&返却は配送も対応

東京(3店舗)、大阪名古屋に店舗あり

入会金や年会費不要

日曜分が実質無料で利用できる

レンタル申込み、商品発送・返却も配送対応してくれるので、ネットですべて完結します(店舗でのレンタル・返却も可能です)。東名阪に店舗があるので、急にレンズが必要になった場合も直接受け取りに行けるのは魅力です。さらに店舗が休みの日曜日を挟んでのレンタルなら日曜日分は料金がかかりません全国で利用できるという点でも一番オススメです!

【デメリット】

短期間でのレンタルだと料金が高い

このあと紹介する店舗と比較すると、1日、2日といった短期間でのレンタル料金が高めです。ただレンタル期間が長くなると1日当たりのコストが下がっていくので、利用状況によってはむしろお得になることも。

ネットで全て完結するのはやはり便利です。ネットで申し込めば、在庫状況を通常は数時間以内にメールで返答してくれます(在庫があれば予約完了)。

私は都内に住んでいるので店舗で借りることが多いのですが、実際の店舗が駅から結構離れているのがマイナスポイントです。

ただ、すべて配送対応にすればそのあたりも気にしなくていいですし、入会金などの余計なお金がかからないのは魅力です。

テックスは都内住みでマニアックなレンズを試したい方に

東京・四ツ谷に店舗があるのが テックス です。

レンタル時は四ツ谷の店舗に足を運ばないといけないので、利用できるのは東京近郊の方のみかと思いますが、レンズの豊富さは魅力的です。

【メリット】

レンズの種類が豊富

レンタル料金が比較的安い

日曜分が実質無料で利用できる

テックスは、放送用・業務用として法人向けの色合いが強い店舗です(もちろん個人でも利用可能)。結構マニアックなレンズまでラインナップされており種類の豊富さが魅力です。レンズのレンタル料金も比較的安いです。
またビデオエイペックス同様、店舗が休みの日曜日を挟んでのレンタルなら日曜日分は料金がかかりません

【デメリット】

レンタルは店舗での受け取りのみ(返却は配送可)

申し込みは電話のみ

初回のみ預り金40,000円が必要(初回返却時に返金。2回目以降は不要)

ネット対応は無く、予約は電話受付のみ。商品レンタルも店舗へ足を運ぶ必要があるため、東京に住んでいる人以外は利用が難しいです。また、初回のみ預り金が必要となります(こちらは初回レンタルの返却時に全額返金され、次回以降は預り金不要です)。

Sonyのカメラを購入してからはこのお店でレンタルすることが多いです。レンズの種類も豊富ですし、価格もお手頃。

レンタル時に店頭まで足を運ばないといけない所は少し面倒ですが、返却は配送にしているのでそこまで気になりません。

【公式HP】テックス

マップレンタルはあらゆる機材がレンタルできます

最後に紹介するのが、東京・新宿に店舗があるのが マップレンタル です。

申し込みはネットで完結しますし、レンズの種類によってはレンタル料金も一番安く済みます。

【メリット】

レンズの種類が豊富

(レンズによっては)レンタル料金が一番安い

こちらも取り扱っているレンズの種類が豊富です。さらにレンズごとに細かい価格設定がされており、レンタル料金が一番安い場合も多いです。

【デメリット】

初回登録金1,500円が必要

マップ補償として10%が料金上乗せ

初回に登録金が必要となります。さらに、商品補償として料金が10%上乗せになりますので、レンズ料金はサイト表記の10%増しになると考えて検討するのがいいかと思います。
なお、前述2店舗のような日曜分が無料になるような制度はありません

週末にレンズをレンタルすることが基本なので、他2店舗だと日曜分が実質無料になる事から、比較すると結果コスト高になるので私はあまり利用していません。

ただ、レンズに限らず撮影に関するあらゆる機材を借りることが出来ますし、レンタル料でいえば一番安いものも多いですね。

【公式サイト】マップレンタル

オンラインで利用できる「DMMいろいろレンタル」などでもレンズレンタルが可能なのですが、レンズの種類が少ないので今回は除外しています。

ただ、DMMいろいろレンタルは、ドローンコスプレ衣装カメラマン(!)までホントにいろいろレンタルできるので、幅広く撮影に関するものをレンタルするのにすごく便利です。

まとめ

個人的に総合的に一番利用しやすいのはビデオエイペックスかなと思います。目的に応じて、よりお得に使えるところでぜひ一度試してみて下さい!

2.ヤフオクでレンタル

あまり知られていないのですが、実はヤフオクには「レンタル」というカテゴリがあり交換レンズも出品されています。

【公式サイト】ヤフオク!

細かいやり取りがちょっと面倒

そんなにレンズの種類が多いわけではないですが、条件によっては一番安く利用できる場合もあります。ただ、細かいやり取りが必要になるためトラブルが起きる可能性は専門店より多そうです。

私も何度かヤフオク経由でレンタル利用しました。トラブルは特に起きませんでしたが、出品者とのやり取りが結構面倒でした。

どういう商品状態のものが送られてくるかも分かりませんし(専門店はきちんと事前にメンテナンスされています)、そういった点でも専門店を利用したほうが安心な気はします。

 

以上、デジタル一眼カメラの交換レンズレンタル方法をご紹介しました!

私も自分にとってこれぞというレンズが見つかったら(そして資金が出来たら笑)、ちゃんと購入しようと思います!

レンズを買うなら5のつく日に

これ!というレンズが見つかったら、購入したほうがもちろんいいです。

一つのレンズで経験を増やすというのは、撮影スキルを磨いていく常套手段でもあります。

ちなみに、レンズを購入する時はYahoo!ショッピングの5のつく日キャンペーン(毎月5日、15日、25日)を利用すると、価格.comの最安値より安く購入できますよ。